木質バイオマスボイラー

ボイラー導入事例詳細

ボイラー導入事例集に戻る
 
 
導入施設
悠々の森温泉施設 アイアイひらた
 
 
都道府県
山形県
 
 
燃料種別
ペレット
導入施設 住所 山形県酒田市山楯字南山32番地4
導入施設 TEL 0234-61-7520
導入施設 FAX 0234-61-7540
導入施設 E-MAIL YUYUnomori  aiaihirata.co.jp
導入施設 HP http://www.aiaihirata.co.jp
導入主体 名称 酒田市
導入主体 住所 山形県酒田市本町2-2-45
導入主体 TEL 0234-22-5111
導入主体 FAX 0234-22-5464
管理主体 名称 ひらた悠々の杜(株)
管理主体 住所
管理主体 TEL
管理主体 FAX

立地条件 山間地
積雪 有無 有り
積雪 期間 12~3月頃
施設区分 宿泊・温泉施設
施設区分 具体欄 日帰り温泉施設
導入目的 コスト削減,普及啓発,CO2排出削減
延床面積(m2(畳)) 1,698.81
建物の形状 木造
ボイラー利用用途 暖房,給湯,温泉・プール加温
ボイラー利用用途 具体欄 温泉加温
木質バイオマス設備1 種類 ペレットボイラー
木質バイオマス設備1 出力(kW) 581.00
木質バイオマス設備1 出力(kcal/h) 500,000
木質バイオマス設備1 台数(台) 2
木質バイオマス設備1 製造メーカー 二光エンジニアリング(株)
木質バイオマス設備1 機種名 RE-50L
木質燃料1 種類 ペレット
木質燃料1 年間使用量(m3・t/年) 300t/年
木質燃料1 燃料単価(円/m3・t) 39円/kg
木質燃料2 種類 ペレット
データの年度 平成20年度
輸送方法 4tユニック
輸送頻度 4~5回/月
輸送距離(km) 35.00
燃料貯蔵庫(サイロ)の大きさ(m3) 10.00
全体事業費(千円) 1,170,109
うち設備事業費(千円) 31,389
設備事業費内訳 ペレットボイラー:2基、ペレットタンク(10m3):1基
利用助成制度(年度) 強い林業・木材づくり交付金事業〔H17年度〕
設備設置年度 平成17年度
稼動開始年月 2005年10月
年間稼働日数(日/年) 342
休みの日程 第1・3火曜日
稼働時間 平均(時間/日) 14.00
稼働時間 詳細 7~21時
灰 発生量 18kg/月
灰 回収頻度 1回/月
灰 処理方法 農園の土壌改良
よかった点 CO2の済減・化石燃料高騰時(H19~20)の経費維持。灰の有効利用。故障の少なさ。メンテのしやすさ。
課題となる点 ペレット製造所が少ないため、価格競争ができない。売り手市場で交渉の余地がない。イニシャルコストが高いのに、ランニングコストも化石燃料と変わらないのであればPRもできない。
計画時 燃料経費(千円/年) 6,600
計画時 CO2排出量(t-CO2) 0.00
導入後 燃料経費(千円/年) 11,700
導入後 CO2排出量(t-CO2) 0.00
視察受け入れ 可能
ページトップに戻る