木質バイオマスボイラー

ボイラー導入事例詳細

ボイラー導入事例集に戻る
 
 
導入施設
牧野木材工業(株)
 
 
都道府県
岡山県
 
 
燃料種別
樹皮
導入施設 住所 岡山県真庭市草加部288-8
導入施設 TEL 0867-42-4321
導入施設 FAX 0867-42-4323
導入施設 E-MAIL makino.dry-timber  sand.ocn.ne.jp
導入施設 HP http://www5.ocn.ne.jp/~dry/
導入主体 名称 牧野木材工業(株)
導入主体 住所
導入主体 TEL
導入主体 FAX
管理主体 名称 導入主体と同じ
管理主体 住所
管理主体 TEL
管理主体 FAX

立地条件 山間地
平均気温(℃程度) 20.00
積雪 有無 有り
積雪 期間 12~2
施設区分 工業施設・工場
施設区分 具体欄 製材所
導入目的 コスト削減,普及啓発,CO2排出削減
敷地面積(m2) 50.00
建屋面積(m2) 50.00
延床面積(m2(畳)) 50.00
建物の形状 鉄骨平屋建
ボイラー利用用途 乾燥熱源
ボイラー利用用途 具体欄 木材乾燥
木質バイオマス設備1 種類 樹皮ボイラー
木質バイオマス設備1 出力(kW) 1,034.00
木質バイオマス設備1 出力(kcal/h) 889,350
木質バイオマス設備1 台数(台) 1
木質バイオマス設備1 製造メーカー (株)タカハシキカン
木質バイオマス設備1 機種名 KT-HC-150
バックアップ 有無 有り
バックアップ設備1 種類 重油ボイラー
バックアップ設備1 出力(kW) 940.00
バックアップ設備1 出力(万kcal/h) 80.00
バックアップ設備1 台数(台) 1
バックアップ設備1 製造メーカー サムソン
バックアップ設備1 機種名 Bod-1500N
バックアップ設備1 稼働時間(○時間/○(単位)) 150時間/年
木質燃料1 種類 その他
木質燃料1 種類(その他) 樹皮
木質燃料1 年間使用量(m3・t/年) 4300t
木質燃料1 燃料単価(円/m3・t) 0
データの年度 平成20年度実績
木質燃料供給元 自社
全体事業費(千円) 22,619
うち設備事業費(千円) 11,950
設備事業費内訳 設計費1,000,000円。設備費11,950,000円。工事費8,592,580円。消費税1,077,129円。
利用助成制度(年度) 平成19年度エネルギー使用合理化事業(H19年度)
設備設置年度 平成19年度
稼動開始年月 2008年05月
年間稼働日数(日/年) 355
稼働時間 平均(時間/日) 9.00
稼働時間 詳細 8~17
灰 発生量 1000kg/月
灰 回収頻度 3~4回/月
灰 処理方法 0
処理費用 400~500円/kg
よかった点 A重油使用量が220,000L/年削減出来た。220,000L/年×50円/L=11,000,000円/年の削減となった。
課題となる点 特になし。
導入前 年間維持経費(千円) 13,000
導入前 燃料経費(千円/年) 11,000
導入前 その他経費(千円/年) 2,000
導入前 CO2排出量(t-CO2) 667.00
計画時 年間維持経費(千円) 3,000
計画時 燃料経費(千円/年) 1,000
計画時 その他経費(千円/年) 2,000
計画時 CO2排出量(t-CO2) 100.00
導入後 年間維持経費(千円) 3,100
導入後 燃料経費(千円/年) 1,100
導入後 その他経費(千円/年) 2,000
導入後 CO2排出量(t-CO2) 47.00
視察受け入れ 状況による
視察受け入れ 条件等 相談要
ページトップに戻る