ペレットストーブ

ストーブ導入時の注意点

ペレットストーブの選び方

ペレットストーブを大きく分類すると、温風が出るもの(強制対流式)と、輻射熱のみであたためるもの(自然対流式)があります。
輻射熱とは、空気を攪拌せずに遠赤外線で人体や床・壁を直接暖める暖房です。
輻射熱のみで暖めるものよりも温風が出るものの方が、遠赤外線の暖かさに加え、あたためられた空気を直接受けることができます。その分ファンの音がしたり、電力消費量も大きいという特徴もあるため、好みに合わせて選びましょう。
(温水式のものもあり、床暖房に利用できます。)

温風と輻射熱についてメーカーによってそれぞれ特徴があり、給排気の方法、安全性、メンテナンス性、あたたかさ(熱効率)、耐久性、着火方法(自動・手動)、大きさ、形、色、電力使用の有無、音、価格など、様々です。

ペレットストーブは高い買い物になりますので、これらの要素で「どこを大事にしたいか?」を考えて、ストーブ選びをしてみましょう。
ストーブ選びをする際は、実際に見てみるのが一番です。各地のイベントでペレットストーブの展示も行われていますので、あたたかさや音などを体感してみてください。

 
給排気の方法

ペレットの燃焼には空気の給気・排気が必要です。機種により、給排気方法が異なります。

強制排気(FE式)

強制排気(FE式)とは、
燃焼ガスを強制的に屋外へ排出する方式です。
給気は室内空気を利用します。室内温度は変化が少ないので、
着火しやすいという反面、案内の空気圧に影響されやすいという
性質があります。
強制給排気(FF式)

強制給排気(FF式)とは、
屋外から給気し、燃焼ガスを強制的に屋外へ排出する方式です。
室内の空気圧に影響されにくいという特性があります。
ただし、火の粉が出やすい場合があるため、設置の際には注意が
必要です。
 
メンテナンス

ペレットストーブの日常メンテナンスとしては、灰の掃除と窓ふきが必要です。

灰の掃除
ペレットは木を原料としているので灰が出ます。灰掃除の頻度はストーブやペレットの種類、ストーブ使用頻度によっても異なります。灰の量はペレットの種類によりますが、それほど多くはありません。
窓ふき
ペレットストーブの魅力は炎が見えること!炎を見るための窓は、ペレットを燃やすことで出る煙によってだんだん汚れてきます。放っておくと汚れが落ちにくくなりますので、気づいた時に拭くようにしましょう。
日常メンテナンス以外に必要なこと
日常のメンテナンス以外に、煙突掃除が必要です。煙突掃除の頻度もストーブやペレットの種類、使用頻度によって異なりますが、年1回~2、3年に1回程度が目安です。また、ストーブ施工業者さんによる点検も、年に1度は行うことをお勧めします。ストーブを使う時期になってからのトラブルは大変です。暖房シーズン前に準備しておくと良いでしょう。
消耗品の交換
ペレットストーブの着火ヒーターなどは消耗品です。消耗品は、数年おきに部品交換が必要です。
施工業者さんのアフターサービス
ペレットストーブは日常のメンテナンスや煙突掃除が必要です。使い方を誤ると、故障や日常トラブルが起こることもあります。そのような時に対応してくれる販売店・施工業者さんを選ぶことも大事なポイントになります。
長く使っていくものなので、購入後の対応も可能となる、お住まいの地域の販売店・施工業者さんを選ぶことをお勧めします。

ストーブ選びの参考になるよう、当サイトでは「利用者の声」や「導入事例」を集め、掲載しています。

ペレットストーブをお使いの方は、事例投稿にぜひご協力ください。
ペレットストーブ販売店、ペレット燃料製造・販売店、行政の方々など、ペレットストーブの展示や関連イベントがございましたら、イベント情報の提供にぜひご協力ください。
ペレットストーブの魅力をみんなで伝えていきましょう! お問い合せ

設置場所

ペレットストーブを設置するとおきには、排気を屋外に排出させるため、排気筒(煙突)をつけることになります。
部屋のどの場所にストーブや煙突を設置すれば良いのか、ストーブ販売店に相談してみましょう。
また、ペレットストーブは燃料効率の良いものなので、通常運転時には煙はほとんど発生しませんが、ストーブ着火時には(数分ですが)煙が発生し、排気には木の燃えるにおいや煤も含まれます。そのため、煙突の位置や排気の方法など、ご近所の方々への配慮も大事な要素です。排気をいったん水槽に導いて、ばい煙や火の粉を取り去るフィルターもあります。

ペレットの種類

ペレットの種類は、大きく分類すると以下の3つ。木部ペレット(ホワイトペレット)、全木ペレット、樹皮ペレット(バークペレット)です。樹皮部分が多いとペレット燃焼後の灰が多くなります。そのため、バークペレットは利用できないストーブもあります。

種類
木部ペレット
(ホワイトペレット)
木部ペレット(ホワイトペレット)
全木ペレット
全木ペレット
樹皮ペレット
(バークペレット)
樹皮ペレット(バークペレット)
原料の種類 樹皮を含まない木質部を主体とした原料で製造したペレット 樹皮付の木材を原料として製造したペレット 樹皮を主体とした原料で製造したペレット

全国には様々な種類のペレットが流通しています。お住まいの地域や近隣でもペレットを製造しているかもしれません。
燃料を運ぶために化石燃料を使ってしまうのはもったいない!自分の住む地域のペレットを使うというのもひとつの選択です。

ページトップに戻る