バイオマスに変えるバイオマスで変える -子どもに語るバイオマス

その1

「バイオマス」ってなんだ?

バイオマスって、生物資源のこと。 もとはお日さまのお恵み。 お日さまの恵みをいっぱい受けて、 日本は、森林国になった。 だから日本は森林バイオマス王国だ。

「何かがおかしい」

今、地球が異常に熱くなっている。 変わってはいけない気候が変わってきている。 病気が増える。 作物が被害を受ける。 大雨で洪水が起こったかと思うと、 日照りが続いて、砂漠になる。 氷河が解けて、海の水が押し寄せる。 太平洋の低い島に住んでいる人々は避難を始めた。 誰が、こんな地球にしたのだろう?

「なぜこんなことに?」

それは人間が、地下から石油をはじめとする化石燃料を掘り出して 大量に燃やしたから。 燃やした時に出る炭酸ガスが地球を熱くしている。 石油は便利。何にでもなる。車が走る、電気がつく、ビニール袋になる、服になる、入れ物になる…。 どこにでも使われている。お家でも工場でも使ってる。 すごくいっぱい使ってる。 地球が何億年もかけて貯えた石油を わずかな時間で、使い尽くそうとしている。 地球が壊れるの早いか、石油がなくなるのが早いか? どちらもたいへんなことになる。

バイオマスに変えるバイオマスで変える -子どもに語るバイオマス-

その1 | その2 | その3 | その4 | その5